NEW: 供花のご相談は【VERY CARD】が承ります

author Posted by: admin on date 5月 26th, 2015 | filed Filed under: サービス

供花が必要になる場面はいつも突然やってきます。慌てて混乱しないためにも、予め「VERY CARD」に法人会員登録をしておけば、急なときでもすぐに対応できるのでオススメです。→こちらのHPは公式ウェブサイトになります。

表示されたページは供花、スタンド花の紹介ページです。地域の風習、喪主様の意向、葬儀社の都合などによってどんな供花が必要になるのか、なかなか素人には判断が難しいところです。しかしVERY CARDに任せれば、すべてスムーズに手配をしてもらえるので、後はデザインや値段をこちらの都合に合わせて選ぶだけなのです。

法人会員の3つのメリットを紹介しています。これらをご覧になって、これなら使いやすい、便利だと思った場合は是非無料の会員登録を済ませておきましょう。供花が必要になるときは突然やってきます。必ずVERY CARDがお役に立つことでしょう。供花商品について、こちらでは写真と商品名、申込料金などを紹介しています。

ページ左側を見ると、法人会員のメリットだけでなく全社導入でのメリット、導入(ご利用)事例、文例集、電報のマナー、弔電、お悔やみ電報など項目が用意されています。これらの項目は大変参考になりますので是非一度ご覧ください。

引っ越しと不用品の買取はここに全部任せよう

author Posted by: admin on date 11月 30th, 2014 | filed Filed under: サービス

転居する場合、もともとの家から新しい家まで、必要な物品を運ぶ必要があります。しかし、よほど物品が少ないというわけでない限り、その物品運びは業者のサービスを利用して行なうことになります。つまり、業者選びが必要になるわけですが、その他にも、要らないものの処分なども一緒に考えたおきたいところです。こういったことをお悩みの場合、次のようなサービスが向いています。

そこで、本日は「リサイクルBOY引越センター」というサイトをご紹介します。こちらは、単身やファミリー、ビジネスなど問わず引っ越しのサービスを取り扱っている業者のサイトです。サービスにあたるスタッフは全員ここの正社員・契約スタッフとなるので、安心で丁寧な作業が期待できます。自動車も自社所有と徹底しており、外部の力が入ることによる混乱のリスクがありません。http://www.rb-moving.com/pionia.html神奈川、東京の引越に関することは、上記サイトがおすすめです→http://www.rb-moving.com/pionia.html

この業者のすごいところは、引越サービスだけでなく不用品の買取も一括で行なってくれるところです。引越の際は必ずといっていいほど処分したいものが出てきます。しかし、その処分は基本的に引越のサービスとは別に行なわなければいけません。それがこの業者ならば、可能なのです。

ホテル代を削れるお部屋選び

author Posted by: admin on date 8月 26th, 2014 | filed Filed under: 国内旅行関連

ホテルで意外に変わってくるものは、お部屋の料金ではないでしょうか。例えば、食事がついてくるのか、素泊まりだけで終わらせられるのか、など、提供サービスをカットしてもらう事で旅費を軽くする事も可能なところもあります。しかし、折角の旅行です。あまりにもお金を気にしすぎる旅というのは楽しめるものなのか疑問に感じてしますところもあります。安く旅をするにしても、ここを削ると楽しめなくなるという部分には十分に気を配ってホテル選びをするべきだと思います。

ホテルの宿泊費を抑える方法なのですが、借りる部屋の間取りを見直してみるという方法も一考できると思います。例えばシングルとツインでは宿泊費が変わります。シングルにふたりで宿泊するまではしなくても良いにせよ、シングル2部屋とツイン1部屋の金額比較などで旅費を考えると効果的な節約になるのではと思います。お部屋くらいでは提供サービスに変わりはないので、旅の苦い思い出になることは無いと思います。

他にもツインとダブルのお部屋の料金など、ホテルによっては宿泊費が変わってくるところは多いです。事前にホテルを調べておき、お得に泊まれる方法というのも考えてみても良いかと思います。

地下室のある住宅に住みたくありませんか

author Posted by: admin on date 4月 18th, 2013 | filed Filed under: 家・住宅

地下室家造りを考えるときに、地下室は収納スペースとしての有効活用をお考えになるのが、一般的でした。地下室は、暗くて寒い場所というイメージが、強いですよね。でも、その常識をくつがえす建築方法があります。土地面積が限られていると、少しでも広く使える建物を考える必要があります。

そう考えていって、地下をなんとか旨く使えないかと考えた住宅メーカーがあるので紹介します。http://www.chika-dai9.com/
へアクセスすると、ご覧になれますが、大九建設株式会社では、地下室を有効活用して、150%広くなる住宅を作りました。

地下室を作ると高い建築費になるとお考えの方は、驚くほどの建築費で地下室付き住宅を建てることができるのです。また、今の住宅を考えるときに多いのがニ世帯住宅です。地下室のある住宅では、限られたスペースを有効的に広く使えるので、三世代で住む事を可能にしてくれるのです。

その他、防音効果の高い地下室は、楽器演奏や大音量で映画鑑賞などを可能にしてくれるのです。でも地下室を有効的に使っていくためには、住宅技術が必要となってきますが、大九建設株式会社では、「カラッと地下室21®」といって、暮らし易い地下室としての特許を取得しています。

有効性の高い地下室のある家が、これからの住宅を大きく変えていくでしょう。